施工事例
トップページ > 施工事例 > 柱や梁の風合いを残して活かしたリフォーム

柱や梁の風合いを残して活かしたリフォーム

これが「柱や梁の持つ風合いを残す」リフォーム

これが「柱や梁の持つ風合いを残す」リフォーム

柱・梁の持つあたたかみを目で感じて

柱・梁の持つあたたかみを目で感じて

歳月を経てこそ醸し出せる風合い

歳月を経てこそ醸し出せる風合い

庭の緑を活かす日本建築の良さを軸に、素敵なリフォームができました。

庭の緑を活かす日本建築の良さを軸に、素敵なリフォームができました。

営業からのコメント


およそ築70年のW様邸の間取りは、風通しがとても良く、家族のぬくもりを常に感じることができる田の字型のレイアウト。「柱や梁の持つ風合いを残したい」というお施主様の考えに沿ったリフォームを提案いたしました。
70年前の日本建築のよさを最大限に活かしてリフォームするため、内装は真壁とし、柱・梁の持つあたたかみが目で感じられるよう、落ち着きのある空間に仕上げました。
その一方で、耐震性にも配慮し、新たに要所に壁をしつられ、屋根材を瓦から金属屋根に変更する工夫も致しました。
今まで生活してきた家とはまったく違う装いに生まれ変わらせることができるのも、リフォームの魅力のひとつですが,歳月を経ているからこそ醸し出せる風合いや雰囲気を残し、それらを活かせるのもリフォームの醍醐味であると、私も改めて認識した次第です。
今後もお客様の意向に沿ったさまざまな提案をし、「リフォームをして良かった。」とお施主様に実感していただける凹地を手がけて活けたら幸いです。

リフォームデータ
建築構造木造
建物築年数70年
リフォーム内容

外装張替え、屋根の葺き替え、内装、設備機器などのまるごとリフォーム

リフォーム前
リフォーム前

ページの先頭へ

- \1