災害対策 OTS

災害対策リフォーム

いつ起こるか分からない自然災害。いざという時に備えて、暮らしに欠かせない水と電気を守る「災害対策リフォーム」でくらしを守りましょう。 

OTS-bnr1

防災セット-キャンペーン+

OTSハウス


 

OTS

ON THE SPOT そこにいるだけで「守られる家」

生活水と電気の自給自足機能をはじめ、建物の構造自体や細部にまで施された様々な工夫、多彩なサービスの組合せによって、普段の暮らしも災害時にも、安心・快適・便利を提供できる住まいです。


 

4人家族の暮らしに必要な「生活水」と「電力」の量を、実証実験で算出しました。 
断水や停電に備えるといっても、家庭でいったいどのくらいの量を確保すればいいのでしょうか?TOKAIでは子育て世代の共働きご夫婦と子ども2人の4人家族が、「OTSコンセプトハウス」で実際に11ヵ月間日常生活を想定し、家事や日常生活に使う生活水、電力量を測定し、1日あたり必要な設定値を導き出しました。キャプチャ30

※OTSハウスで暮らすための生活水 通常時750L/日に対し、災害時7日間自立の定義は通常時の1/7と設定。1日あたりおよそ100Lの生活水で算出しています。尚、使用状況により変化するため数値を保証するものではありません。



防災セット・・・万が一の災害に備える 
防災セット・大容量貯水タンク[アクアリザーブ]  
120L×1本=120L 430,000円(税別)
・太陽光発電システム /蓄電池システム
・太陽光発電システム 4kW
・蓄電池システム 4kWh
2,270,000円(税別)
セット販売価格 2,700,000円(税別)

災害時7日間自立セット・・・災害時に7日間自立可能なバランスタイプ OTS VALUE 
災害時7日自立
・大容量貯水タンク[アクアリザーブ]  
120L×6本=720L 2,550,000円(税別)
・太陽光発電システム /蓄電池システム
・太陽光発電システム 5.98kW
・蓄電池システム 12kWh
3,750,000円(税別)
セット販売価格 6,300,000円(税別)

平常時自立セット・・・太陽光発電で電気の自立が可能 OTS ENERGY
毎日セット
・大容量貯水タンク[アクアリザーブ]  
120L×6本=720L 2,550,000円(税別)
・太陽光発電システム /蓄電池システム
・太陽光発電システム 5.98kW
・蓄電池システム 24kWh
5,150,000円(税別)
セット販売価格 7,700,000円(税別)

完全自給自足セット・・・生活水と電気を完全自給自足 OTS ADVANCE
自給自足セット
・雨水濾過システム/生活水循環システム 
・雨水濾過システム(RO装置) 
・生活水循環システム
 (雨水タンク:17,000L、生活水槽1,000L) 
 12,100,000円(税別)
・太陽光発電システム /蓄電池システム
・太陽光発電システム 9.36kW
・蓄電池システム 48kWh
9,400,000円(税別)
セット販売価格 21,500,000円(税別)

※掲載の価格は標準工事費込の価格です。(基礎工事・給水工事・足場代別途)※プランを自由に組み合わせる事が可能です。また、単体でのご注文も承ります。

※OTSハウスで暮らすための生活水 通常時750L/日に対し、災害時7日間自立の定義は通常時の1/7と設定。1日あたりおよそ100Lの生活水で算出しています。尚、使用状況により変化するため数値を保証するものではありません。





断水に備える

Q:1日にどれだけの水が必要なの?
キャプチャ38
・飲料水・・・3L
 
 
・トイレ・・・10L (最新のトイレは5~7L)

 
・食事の用意、片付け・・・60L
 
 
・お風呂・・・200L

 
・シャワー・・・60L

 
・洗濯・・・100L

 
・洗濯(お風呂の残り水を使う場合)・・・50L

 
・洗面、手洗い・・・6L




水道水を利用して災害時に備える! aquareserve_rogo

170426_0006.JPG_S
170426_0002.JPG_S
大容量貯水タンク「アクアリザーブ」

・水道管に直結して常に新鮮な水を貯水することができる120Lの大容量の貯水タンク。
・付属の足踏みポンプで圧力をかけて水を取り出すので電源がなくても取水できます。電源が確保できる場合はミニコンプレッサーでの取水も可能です。(※オプション対応)
・一般住宅をはじめ、企業のBCP対策としてもご活用いただけます。


ペットボトルと比較すると・・・

キャプチャ39-1
キャプチャ39-2
キャプチャ39-3キャプチャ39-5

3つの特徴
キャプチャ31安心の大容量
1本120Lで4人家族3日分の飲料水生活水を確保できます。(※)

キャプチャ34-2
※1人あたり1日に10L(飲料水3L、トイレ洗浄水等7L)の水が必要と想定。

キャプチャ32こだわりの水質
水道管の一部として設置するので常に新鮮な水道水と入れ替わります。又、ステンレスタンクとチューブの二重構造により水を空気に触れさせないことで7日間飲料いただける品質を保てます。

キャプチャ35-3

キャプチャ33
省スペース
床下や屋外のデッドスペースにタンク本体を縦や横に設置できるためスペースの確保が容易です。また、利用人数や確保日数によって複数本増設ができます。

キャプチャ36-2
【設置例】 
house_001IMG_1261-e1526022494671図1
 

 おすすめプラン
 一般住宅向け 
 キャプチャ4-4+

430,000円(税別)

<1人が1日に必要な水の目安=10L
・飲料水3L + 生活水(トイレ等)7L

水目安-2
※災害時最低限必要な量を想定
 企業・施設向け 
 キャプチャ4-2+

2,550,000円(税別)

・企業・施設の規模に応じて本数を設定できます

<設置例>
bcp_0018ad4dcf27b6cd93b492ec14fb0df4503-e1526026642788
 メーカーサイトはこちら⇒ aquareserve_rogo 
※掲載の価格は標準工事費込の価格です。(基礎工事・給水工事・足場代別途)


上水道に頼らない!完全自給自足(※1)プラン


キャプチャ1+
キャプチャ37
雨水の集水・貯水・浄化システムで生活水を自給自足。
①雨水タンク 容量  17,000L
②RO浄水装置純水生成量/日  750L 
③減菌装置 
④生活水槽容量 1,000L
⑤合併浄化槽 

※1)想定外の気象状況になった場合を除く。
※緊急時は上水道より生活水槽に給水するため、上下水道共に契約が必要です。
※記載のスペックはOTS島田ばらの丘コンセプトハウスの実証データ、或いは2018.02~2018.12間の気象データを元に30坪タイプのOTSハウスで完全自給自足が実現できる事を目的に選定しています。暮らし方の状況或いは気象状況によっては完全自給自足は成立しない事がございます。
OTSハウス特設サイトはこちら⇒ots_bnr_582_120




停電に備える

系統電力に頼らない! (※2)


キャプチャ6+ 
キャプチャ13
キャプチャ14+-
停電時、家族4人が生活するための非常用電力を確保。

・太陽光発電システム 4kW
・蓄電池システム 4kWh
2,270,000円(税別)

キャプチャ11
キャプチャ12+-
停電時、家族4人が7日間最低限必要な電力を確保。    
     
・太陽光発電システム 5.98kW
・蓄電池システム 12kWh
3,750,000円(税別)

キャプチャ10
キャプチャ9+-
できる限り系統電力を買うことなく生活を送ることが可能。 

・太陽光発電システム 5.98kW
・蓄電池システム 24kWh
5,150,000円(税別)

キャプチャ7
キャプチャ8+-
太陽光発電+蓄電池により快適なくらしを送ることが可能。 

・太陽光発電システム 9.36kW
・蓄電池システム 48kWh
9,400,000円(税別)
(※2)緊急時は系統電力を使用するため電力会社との契約が必要です。
掲載のスペックはくらし方や気象状況により異なるため、数値を保証する物ではありません。
※プランを自由に組み合わせる事が可能です。また、単体でのご注文も承ります。



OTSハウスを新築するならこちら→ ots_bnr_582_120+


防災セット-キャンペーン+





ページの先頭へ